スタッフインタビュー

スタッフインタビュー

  • 家やマンション
    形の残るたしかな経験が
    僕の自信につながる

    岩根 栄樹

    2012年入社
    建築/現場代理人

    岩根 栄樹

入社のきっかけ

デザイン専門学校のインテリア科卒業後、兄の同級生が建築現場のアシスタントを探しているという話を聞き、派遣社員として働きはじめたのが最初でした。その後、ちょうど住宅事業部を立ち上げる、というタイミングで入社を決意しました。

仕事内容は?

  • 建築の現場では、基本的に設計士さんが設計した建物を職人さんがつくり上げる、という流れで作業を行っています。その工程で僕が行っている仕事は、その間の準備をすべて行うことです。具体的には、必要な備品・材料の準備や、足場の発注、お客様とのやりとりなどです。現場の進行状況などを確認しつつ、事務所でそういった手配や準備を進めています。
    弊社で行っている建築業務は、住宅建設と一般建設の二種類があり、住宅建築は一般的な家庭の住宅で、一般建築は校や老人ホームなどの施設、マンションなどです。住宅建設の場合は、近隣に住宅がある場合が多いので、近所への配慮も考えながら準備を行います。一般建築の場合は、たくさんの人や協力業者さんが出入りして作業を行うので、そういった方々と連絡を取り合いながら作業を進めています。
  • 仕事内容は?

【1日の流れ】

1日の流れ

お仕事にかかわる人

  • 住宅建築の場合は、一般のお客様からの依頼を受けますので、その依頼主さんや職人さんや協力業者さんとのやりとりが主になります。一般建築の場合は、依頼主さんが会社や自治体などになりますので、そういった団体の窓口の方や、設計事務所さん、協力業者さん、職人さんとのやりとりになります。

    先輩について

    会社の先輩方は、すごく面倒見が良く、優しく接していただいています。
    そして、しっかり学ばせようという思いがあるためか、ただ優しいだけではなく、僕たちに考えさせて行動をするように導いてくれます。現場でも、統率力がありかっこいい姿を見させていただいているので、僕たちも負けないように頑張らなきゃ!という気持ちにさせられます。

  • お仕事にかかわる人

同僚との関係

現場で同僚と接する機会は、ほぼありませんが、事務所で作業するときにはよく顔を合わせます。建築も土木も関係なく、仲良く話していますよ。仕事以外でも、年に3回ほど会社のみんなとご飯を食べる機会があるのですが、年齢や性別関係なく話すことができます。休日にプライベートで会うことはないですが、程よい距離感ですごく居心地の良い会社だと感じています。

並河先輩から見た岩根さん

  • おっとりした性格なので、入社してきた時は正直、長くは続かないかもしれないなぁ。なんて思っていました。ですが、現場でそのおっとりしたペースに職人さんを巻き込み、円滑に現場をまわしているのを見て、驚きました。基本的に真面目で頑張り屋さんなので、そういったところが職人さんにも伝わるんでしょうね。特に、災害現場で人一倍頑張っている姿を見た時は、成長を感じましたね。
  • 並河先輩から見た岩根さん

うれしかったこと

自分の担当した現場が、計画した工程の予定通りに進んで行った時、すごくうれしいです。
その工程を考えるのがいちばん好きな作業ですね。予定通りに進めば、職人さんもストレスなく作業を進められますし、施主さんにも工期通りに進んで満足してもらえますので。なので、そのうれしさ、というか達成感を味わえるよう毎回頑張っています。

エピソード

弊社は災害協定というものに加入しており、災害などがあった場合は、全社をあげて現場に行き応急支援を行うのですが、その時に感じる団結力がすごいんです。班に分かれて、災害の起こった現場に向かうのですが、全員が「復興」に向けてそれぞれ作業を行うんです。利益など関係なく、誰かのために作業を行う。そういった現場での先輩方、同僚の頼もしさがいつも頭の片隅にあります。

仕事をするときに大切にしていること

「人の話を聞く」というあたり前のことをすごく大事にしています。
建築の現場は、建ててしまったら、後戻りができない仕事なので、まずしっかり話を聞く!ということを大事にしています。施主さんの声、協力会社さんの声、職人さんの声、先輩方の声、すべてをしっかり聞いて現場を進めるようにしています。そうすることで、スムーズに安全に作業が進むと思います。

  • 仕事をするときに大切にしていること
  • 仕事をするときに大切にしていること
  • 仕事をするときに大切にしていること

ひとつのものを皆んなで作り上げる喜び
チームで達成感が味わえる仕事。

Copyright © HAPPO lnc.